現在、新型コロナウイルスのパンデミックは徐々に”退陣”し、すべてが元どおりに戻りつつあるとはいえ、依然として経済は打撃を受け、回復を必要としています。しかも、それを一番身近に感じているのは、政治家ではなく、私たち一般人ですよね。こんな厳しい状況をなんとか乗り越えるためにも、笑顔で楽しめるような何かに没頭してみるのはいかがでしょうか?

今日の記事では、そんなまさに大笑いしながら遊べるスロットマシンゲームを紹介するわけですが、それは『Hell’s Kitchen Slot』というものです!料理好きの方であれば、世界的に悪名高いシェフ、ゴードン・ラムゼイという名を一度は耳にしたことがあるでしょうが、実はこのゲームは、同氏が出演するテレビ番組『ヘルズ・キッチン〜地獄の厨房(原題:Hell’s Kitchen)』にインスパイアされた料理スロットマシンなんです。

特徴

オンラインスロットゲーム『Hell’s Kitchen』のプレイでは、料理に厳しい評論家でもあるゴードン・ラムゼイ氏が巨額の賞金獲得を助けてくれながら、クオリティの高いビジュアルとグラフィックを楽しめます。5つのリール、3列のみのビデオスロットですが、ペイライン数は20つと標準的です。その他にも、フリースピンやボーナス機能などが盛りだくさんです!

 

開発元

『Hell’s Kitchen』を開発したのは、有名なソフトウェア会社であるNetEntです。信頼が厚く、常に努力を怠らないソフトウェア会社である同社は、今作でもまた、これまでの努力の成果を十分に発揮しています。同社が開発するゲームの特徴は、ゲームにまつわる話題に関わらず、想像できるモノすべてをかなりうまく伝えてくれる点です。人気テレビ番組『ヘルズ・キッチン〜地獄の厨房』の世界観を見事にバーチャル体験へと移すことに成功しています。一度プレイすれば、スリル、シェフが使用する食材、大勝利、リスク、ギャンブルなど、ワクワクする要素がうまく組み合わさっていることを実感できるでしょう。

シンボル

スロットマシンゲーム『Hell’s Kitchen』では、罵り合いや喧嘩が勃発するのでは?と予想されているかもしれませんが、実際は決してそんなことはありません。ただし、ゴードン・ラムゼイ氏から厳しいお叱りの言葉を受けるのは当然のことですから、そのときの流れに身を任せるしかないでしょう(笑)。

シンボルの種類としては、スパイシーバーガー、ビーフ・ウェリントン、スティッキー・トフィー・プディング、フルーティーカクテル、通常のフェイスカードなどがあります。中でも最も価値のあるシンボルはビーフ・ウェリントンで、ペイラインに5つ以上揃うと最大で20.00クレジットを獲得できます。

 

RTP(還元率)

高額賞金が期待できるリスキーなプレイが好きな人もいれば、山あり谷ありがない落ち着いたプレイが好きな人もいます。ほぼ100%勝てるけど、賞金はそれほど大きくないな…と感じている方であれば、スロットマシン『Hell’s Kitchen』はおすすめです。このゲームは、この2つのプレイタイプのやや中間に位置し、RTP(還元率)は96.07%と妥当な数値です。「人生では常に中庸を目指すべき」といった教えもありますが、スロットマシンも同じかもしれませんね!

おわりに

ここで紹介したことのほかにも、チームチャレンジ機能、無数のワイルドシンボル、マルチプライヤーなど、注目したいポイントがたくさんあります。さらに、賞金を最大で1,000倍にするチャンスもあり、気の遠くなるような夢の体験ができます。ゴードン・ラムゼイ氏の厳しいけど常に正論な批評と、おいしい料理の世界に今すぐ浸ってみてくださいね!